繁鮨、福岡市南区三宅にある回らない寿司店

繁鮨は大橋駅から徒歩だと20分、バスだと10分ぐらいと少し離れたところにある、静かなお寿司屋さんです。
カウンター席が主体の、回らないお寿司屋さんです。

予約せずに、その日の思いたちで繁鮨に伺ったのですが、嫌な顔ひとつせず出迎えてくださりました。
2人で行ったので、上にぎりを2人前(1人前2500円)注文しました。

雨が降っており、寒い日だったのですが、お寿司が出来上がるのを待っている間に女将さんが温かいお茶を出してくださり、とても体が温まりました。
この日は土曜日でしたが私たち以外はお客さんがおらず、静かで心地よい時間を過ごすことができました。

繁鮨の店内はシンプルで装飾もほとんどなく、目の前のお寿司を楽しむスタイルでした。
初めて回らないお寿司屋さんに来たのでとても緊張していたのですが、板前さんが「こうするとさらに美味しいですよ。」「この魚は今が旬なんですよ。」と声をかけてくださったので、徐々にリラックスできました。

繁鮨の板前さんが目の前で握りを作っているのが非常に興味深く、ついじっと見つめてしまいました。
回らないお寿司屋さんデビューがこちらのお店でよかったです。

御膳のセット(3,500~)やテイクアウト(1,000~)もあるようなので、次に繁鮨に伺うときは注文してみたいです。

店名:繁鮨
住所:福岡県福岡市南区三宅2-36-1
電話:092-512-6431

博多まかない屋、福岡市博多区にある何を食べても美味しい海鮮料理店

店名:博多まかない屋
住所:福岡県福岡市博多区住吉2-15-3
電話:092-262-0008

JR博多駅の博多口から歩いて10分足らず、地下鉄の中洲川端駅からも歩いて10分ほど。
地下鉄祇園駅や天神界隈からも徒歩圏内と抜群の立地の博多まかない屋さん。

博多まかない屋は、その日に長浜の魚市場で仕入れた綺麗で新鮮な魚介類がいただけるお店です。
福岡は魚も美味しいんですよね!

博多まかない屋の名物は「新鮮魚介の浜焼き」で卓上に焼台が運ばれ、焼いてそのままガブリといただくシステム。
美味しいだけでなく、わいわいと楽しいので盛り上がります。

自分たちの好みの焼き加減に調整できるのも嬉しいですね。
さざえのつぼ焼きなんか最高です。

でもせっかく新鮮な魚介類が揃っているので、お刺身や海鮮丼もおすすめです。
とろりと濃厚な呼子の透き通った透明のいかや、福岡ならではの、こりこりと食感もいいごまさばなどもいただけます。

博多まかない屋は焼き魚も美味い、煮付けも上手い、天ぷらもどれをいただいてもはずれなし!
更にとてもお安く驚きます。

博多まかない屋の店内はカジュアルですが、とてもいい食材のお料理を最高の状態で、お安く出してくださるコスパ最高のお店です。
ランチ営業もされていて、定食や丼物がいただけるようです。

福岡県薬院駅周辺で海鮮料理を食べるなら大漁市場なるみ乃

店名:大漁市場なるみ乃 薬院店
住所:福岡県福岡市中央区薬院1-6-20
電話:092-739-0777

大漁市場なるみ乃薬院店は、福岡県の薬院駅から徒歩5分ほどの場所にある居酒屋です。

高級感のある店内のカウンター席の前には大きな生け簀があり、大分県から仕入れている絶品の鮮魚を味わうことができます。
カウンター席、テーブル席、半個室、個室とさまざまなタイプの座席が用意されています。

大漁市場なるみ乃薬院店では刺身や寿司などの海鮮メニューを始めとし、天ぷらや唐揚げ、丼ぶりなどさまざまな料理を楽しめます。
魚を大分県から仕入れているということもあり、大分名物のとり天もメニューに並んでいます。

アルコールメニューも豊富で、こだわりの日本酒が日本各地から、九州各県から焼酎が集められています。

ランチタイムには海鮮丼定食が900円、平日限定の刺身定食が800円で食べられます。
ランチでも利用可能なコースメニューがあるので、ママ友会にもおすすめです。
月曜日はレディースデーで女性グループで来店すると1品サービスされます。

大漁市場なるみ乃薬院店には店舗専用の駐車場はありませんが、徒歩1分程度の距離にコインパーキングがあります。
ショッピングモールが多い天神エリアからも近いので、福岡県に遊びに来たらぜひ訪れてみてほしい飲食店です。

千翠、福岡市中央区薬院の路地裏にひっそりと佇む季節の料理と地酒が堪能できる名店

店名:千翠
住所:福岡県福岡市中央区薬院3-7-1 2F
電話:090-5924-2685

福岡市一番の繁華街である中央区天神から西日本鉄道に乗って一つ目の駅「薬院」から徒歩10分ほどのところに「千翠」(せんすい)はあります。
千翠は目立つ看板などはなく、有名なうどん居酒屋の2階にひっそりと佇んでいます。

階段を登ると暗めの千翠の店内にはカンターと大きなテーブルが配されていますが、テーブルは荷物置きに使われているようで、6席のカウンターに案内されます。完全予約制で、1万円前後のコース料理は、すべてがお酒のアテになるものです。

和服姿が似合う店主が一品ずつ、こちらのペースに合わせて供してくれます。
最初に飲んだビールが「ハートランド」しかないのも店主の拘りでしょうか。

日本酒は店主が立つカウンターの奥の大きな保冷ケースに並べられています。
千翠の店の規模と席数から考えると驚くほどの種類です。

店主もそうですが、サービスの女性が日本酒に詳しく、好みを伝えると複数の候補をケースから出してカウンターに並べて案内してくれます。

私が好きな岐阜県の銘酒「三千盛」は福岡のお店ではなかなか飲めない銘柄で、口当たりが柔らかくこの店の料理にぴったりの辛口でした。

地元福岡で人気の高い「若波」や「三井の寿」などもしっかりと押さえてあるし、隣の酒どころ山口県の「東洋美人」は珍しい限定酒が揃っています。

千翠の店主は寡黙で、料理の説明も簡潔ですが、聞けばなんでも答えてくれる感じの良い方です。
少し高級なお店ですが、福岡で日本酒を堪能するにはお薦めの一軒です。

しゃけ小島、福岡市博多区にある珍しい鮭料理の専門店

店名:しゃけ小島
住所:福岡県福岡市博多区中洲3-7-2
電話:092-409-2621

最寄り駅は中洲川端駅。
しゃけ小島は中洲にある鮭料理のお店です。

鮭の専門店ってそういえば珍しいですよね。
福岡人はさばが大好きでさばの専門店はありますが、鮭はこちらだけなのでは?ちょっと聞いたことがないです。

しゃけ小島は東京に一号店があり、なぜか中洲が二号店なのだそうです。
北海道から直送している北海道産の脂の乗った美味しい鮭がいただけます。

しゃけ小島でおすすめしたいのはやっぱり、人気メニューでもあるしゃけ定食(1350円)でしょう。

ごはんにに焼き鮭、お味噌汁にお漬けもの、小鉢がふたつというシンプルな定食ですが紛れもなく「おごちそう」です。
少々お高めですが美味しいですよ!

もうひとつ、しゃけ小島でおすすめしたいのが、鮭いくら丼(1850円)。
こちらも人気メニューだと思いますね。

ピンクの綺麗な鮭にピカピカに光り輝くいくらのコントラスト。
鮭といくらの丼物といえば鮭のお刺身というイメージですが、しゃけ小島の鮭いくら丼の鮭は焼き鮭です。

でもこれがなかなかいけます。
もう少しご飯が多ければ尚良しといったところですが、お酒のシメとするならばちょうどいいのかもしれません。

博多で本当に美味しい魚を食べたいなら『博多せいもん払い』

福岡県には美味しいグルメがわんさかあるということで、全国的にも有名ですよね。
福岡に出張にくるサラリーマンは、「美味しいものを食べられる!」ということで皆さんテンションが上がるのだとか。

そんな福岡で本当に美味しい魚料理を食べたいのであれば、この『博多せいもん払い』へ行ってみてください。
博多の台所とも呼ばれている、「中洲川端商店街」の中にこの名店は鎮座しています。

博多せいもん払いは、どの魚料理もとても美味しいのですが、中でも私がほっぺたが落ちそうになったのが「あんこうの唐揚げ」です。
お値段は確か2,000円前後だったと思います。

また、お刺身も最高でした。
色々と注文していると案外良いお値段になってしまうお店なのですが、お値段以上の満足感を得られること間違いなしのお店です。

博多せいもん払いスタッフさんの接客もとても良く、若いお兄さんもキビキビと真剣にがんばっています。
時価のお料理などもありますので、あまり恐れずにスタッフさんに確認してみてくださいね。

博多せいもん払いは、博多っ子の威勢の良さと、料理人の誠意や情熱が感じられる、印象深いお店でした。

店名:博多せいもん払い
住所:〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町5-107
電話:092-281-5700

天神今泉エリアで九州満喫グルメなら博多 表邸で決まりばい!

店名:博多 表邸
住所:福岡県福岡市中央区今泉2-4-28
電話:092-737-7804

福岡の中心天神今泉エリアにあるこちらの博多 表邸。
都心にありながら趣あるお店で、庭園が望める癒しの空間がそこにあります。
個室で落ち着いて食事がいただけるのも嬉しかったり。

そんな博多 表邸さんでは、福岡の美味しいものがたくさんいただけます。
魚介の宝庫、玄界灘で獲れたぴちぴちの美味しい魚はおすすめしたい逸品ぞろい。
あら鍋にごまサバなど、博多 表邸は旬の魚が美味しい状態でいただけます。

博多名物も忘れてはいけません。
水たきやもつ鍋のほかにも九州各県の郷土料理がずらりと約60種類と豊富なメニューで充実しています。

なかでも人気かつおすすめなのが元祖塩もつ鍋(1人前1500円)。
実はもつ鍋のスープと言えば福岡ではは醤油がスタンダード。

最近は味噌やとんこつ、塩など様々なスープが楽しめますが、博多 表邸の塩は絶品です。
シンプルだけどコクがあり深みのあるスープは激ウマです。

もつは黒毛和牛の小腸のみを使用しており、スープとの相性はバッチリです。
博多 表邸は、お野菜の産地にもこだわっているようで、九州各地に点在する契約農家から直接仕入れているのだそう。

もちろんもつ(1500円)やキャベツ(380円)、豆腐(300円)など具材の追加も可能です。

シメはもちろんちゃんぽん麺(350円)!
雑炊派の方には雑炊セット(500円)もあるのでご安心ください。

博多 表邸は、観光客だけでなく、地元民に人気のあるお店は間違いありません。
大箱ですが、人気店なので電話予約をしておくと安心です。