中洲の独特の雰囲気を満喫できる屋台、山幸さんで博多を味わう

店名:山幸 (やまこう)
住所:福岡県福岡市中央区春吉3
電話:090-8837-5557

山幸の最寄は中洲川端駅です。
天神は徒歩圏内です。
那珂川の川沿いに立ち並ぶ屋台、ロケーションはばっちり。
風情ありすぎです。

那珂川の水面に中洲のネオンが映り、そこに屋台船が通過したり・・・絵に書いたような福岡を満喫できるのがこのエリアの屋台のいいところです。
さて、こちらの山幸は赤い暖簾が目印です。

山幸の大将は洋食店のシェフ出身とのこと。
福岡の屋台には本当にいろんな経歴を持つ店主が多いなぁと感じます。

山幸さんのメニューは少なめですが、おでん(200円)、焼き鳥の盛り合わせ(1000円)
など基本は抑えています。
ラーメンは700円。トッピングはチャーシュー、ネギ、ごま、きくらげ、紅しょうがとわりと具沢山です。

山幸のおすすめメニューはナスのメンタイチーズ焼き(900円)です。
とにかくビジュアルがインスタ映えです。
山幸は、女性が好きそうなビジュアル、お味です。

なすにたっぷりのとろーりチーズ・・・女性人気があるだろうなぁ~。
なすとチーズというだけで美味しいのは間違いない!
おすすめです。

全体的に中洲エリアの屋台は天神、長浜に比べてお値段が高めであることが多いです。
ロケーションやアクセスの良さ、立ち寄りやすさも込みなのだと思います。

この立地なので待たされることもしばしば。
でも、さっきまで並んでいたのにもうガラガラ・・・ということも多いのも屋台です。

小金ちゃん、焼きラーメン発祥の屋台は行列必須の人気店

店名:小金ちゃん (こきんちゃん)
住所:福岡県福岡市中央区天神2 三井ビル裏親不孝通り入口
電話:090-3072-4304

小金ちゃんの最寄駅は、地下鉄天神駅 1番出口で徒歩1分もかかりません。
西鉄福岡駅からも徒歩圏内です。
昭和通り沿いで、ちょうど親不孝通りの入口、「舞鶴3丁目」交差点の角にあります。

いつも行列ができているのでわかりやすいと思います。親しみやすいイラスト入りの白い暖簾が目印の老舗屋台です。
行列は観光客や出張者、外国人に紛れて地元の方で構成されています。

小金ちゃんといえば焼きラーメン(700円)!
小金ちゃんは焼きラーメン発祥のお店であり、看板メニューでもあります。
小金ちゃんの焼きラーメンは、個人的には好みが分かれるのかなと思っています。

わたしはとんこつスープのみの味付けの焼きラーメンが好みなのですが、小金ちゃんの焼きラーメンはとんこつスープにソースと同じく小金ちゃんの名物メニューのどて焼き(580円)のお出汁が少し投入されています。
少しとろっとしていて、甘酸っぱさのある焼きラーメンです。

ラーメンは550円でチャーシュー、ねぎ、きくらげ、のりがトッピングされています。
具材は多い方ですかね。
きくらげが入っているラーメン好きです。
あっさりめで少し麺はやわめかな?

めんたい卵焼き(680円)も外せません。
甘めの卵焼きには刻みねぎがたっぷり入っていてめんたいこ一本を優しく包み込んでいます。添えられたマヨネーズとも合うんですよね。

とにかく小金ちゃんをはじめ天神の屋台はメニューが豊富です。
小金ちゃんにも屋台の定番とも言える餃子(6こ380円)焼きとり(130円~)おでん(130円)も置いてあるし、塩ホルモン(580円)牛ステーキ(850円)などもありますし、キムチバラ丼(680円)やお茶漬けも430円~と屋台ではあまり見ないメニューもあります。

姫ちゃん、天神のど真ん中にある屋台で楽しい福岡の夜

店名:姫ちゃん
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通5-24-22 世和家ビル北側
電話:090-1195-8591

店名から女性店主なのかな、と勝手に思っていましたが女性はいませんでした。
国体道路沿い、博多大丸の真向かいにある屋台、姫ちゃんです。
橙色ののれんが目印です。

姫ちゃんは、地下鉄天神南駅、天神バスセンター、西鉄福岡駅、地下鉄天神駅すべて徒歩10分以内です。
特に地下鉄天神南駅は一番近いためお客さんはみんな天神南駅のお手洗いを利用しています。

姫ちゃんのメニューは、オイルサーディン(650円)、チーズの包み揚げ(380円)などお酒が進みそうなおつまみ一品料理やおでん(150円~)などの屋台定番メニューが豊富です。
忘れてならないラーメンは550円、トッピングはねぎとチャーシュー(ごまや紅しょうがは卓上にあります)でシンプルです。

特におすすめで是非推したいものは、餃子(8こ420円)と焼きラーメン(700円)です。
餃子は博多のひとくちタイプで、パリッパリでにんにくが効いていて美味です。
オーダーされてから包んで焼いてくださる丁寧っぷり。

焼きラーメンに関してはかなり個人的な好みなのですが、姫ちゃんはソース味じゃない焼きラーメンなので大好きでお気に入りです。
焼きラーメンはソース味よりもラーメンのとんこつスープで味付けしたものの方が絶対に美味しいです。

姫ちゃんの焼きラーメンはのりが散らしてあって、そこもまたいいんです。
親子で切り盛りされている姫ちゃん、是非おすすめです。

ツウが通うラーメン屋、博多区住吉「住吉亭」

住吉亭は、博多ラーメンの王道でおある、THE豚骨ラーメンの住吉ラーメンは創業40年以上の老舗ラーメン店です。
そして住吉亭の特徴と言えるのが、たっぷりのネギ!
博多の豚骨ラーメン豚骨ラーメンの特徴でもある細麺に、こってりしているようで後味はさっぱりと軽い口当たりです。

ラーメンにたっぷりのネギとキクラゲがのせてあり、更にカウンターに荒く刻まれたネギがタプり置いてあるので、好きなだけ盛ることができます。
置いてある高菜は、とても辛いので要注意!

住吉亭は、万人うけするラーメンというよりは、博多ラーメンをこよなく愛する人に根強く支持されているというイメージですが、個人的には何度も通いたくなる、安心する味です。
ラーメンの価格は650円とお手頃で、もちろん替え玉もできます。
福岡育ちの私のお勧めは、かた麺です。

住吉亭の店の中は、昔ながらのラーメン屋らしく雑然としているので、近年よくある小ぎれいなラーメン店をイメージして行くとがっかりする可能性があります。
場所は少しわかりづらく、住宅街の中に突然ポツンと現れる感じで、お店も駐車場も小さいので事前に確認してから行くと良いです。

定休日は日曜日で、月曜日~土曜日の営業も17:00までと早めの閉店なのでランチタイムの行くのがお勧めです。

店名:住吉亭
住所:福岡県福岡市博多区博多駅南5-5-1
電話:092-411-6868

名島亭 JRJP博多ビル店、駅周辺でラーメンを食べたいならここ!

店名:名島亭 JRJP博多ビル店
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル
電話:092-482-7020

JR博多駅は言わずもがな九州の窓口になっていて、九州内各都道府県へ向かう路線のターミナル駅になっています。
乗り換えまで時間はあるけど、博多ラーメンのメッカである天神・大名・大橋まで行くには少し時間が足りない・・・そういった人におすすめしたい豚骨ラーメン屋が名島亭です。

2016年にオープンした日本郵政ビルの地下に名島亭はあります。
博多駅の地下は四方八方に広がり飲食店が軒を連ねているので初めて来る人には少しわかり辛いかもしれません。

わからない、そんな時は思い切って地上から行ってみましょう。
JR博多口を出て左に歩いて行くとマルイ(OIOI)がありまあす。
それを横目にまだまだ進むと三差路の交差点があります。
そこでストップ。

交差点の近くに地下へ続くエスカレーターがあるのでそこから下ります。
下るとすぐ右手に博多ラーメンの老舗、名島亭があります。

名島亭は福岡の中でも超有名店、長浜ラーメンの系譜でさっぱりしたスープが特徴的です。
この郵政ビルの地下、博多店がオープンするまでは福岡市でも少し奥にあり観光ついでではいきづらいところに本店のみがありました。
麺がなくなり次第オーダーストップのお店で、昼過ぎになくなることもしばしば・・・地元の人でないと食べれないラーメンだったのです。

ラーメンは”鶏ガラ、豚ガラ、人柄”という大将のスローガンが示す通り元気良い活気のあるラーメン屋さんです。
長浜ラーメンなので濃厚豚骨、泡系豚骨といった癖のあるラーメンが苦手な方でも楽しめるので観光で来た方にまず食べてもらいたいのがこの名島亭です。
福岡を代表する豚骨ラーメンが楽しみやすくなったので、とんこつラーメンを食べてみたいという人におすすめしたいです。

元祖長浜家(福岡市中央区)、この味はたまりません!

店名:元祖長浜家
住所:〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門2丁目7-10
電話:092-725-5559

元祖長浜家のラーメンはハッキリ言うと好き嫌いが激しいです。
好きな人は毎日食べても飽きません。
かれこれ40年以上の歴史があります。
昔から味は変わらないし、元祖長浜家に入るとラーメン1丁と店員が愛想なく、注文を受けます。

私の場合は固麺で頼むのですが、ネギとチャーシューが乗っているだけですが、麺がラーメンに程よく絡み豚骨のスープもあっさりしています。
麺は細麺でスープと麺がちょうど良く馴染んでとても美味しいです。

汁まで飲みたいのですが、ここは替え玉をしましょう。
私の場合は2回替え玉をします。
それでもまだまだいける感じです。

元祖長浜家は、いつも満席の時が多く、並んで待つ時もあります。
広島の人を連れていった時がありましたが、その人は口に合いませんでした。
やはり福岡の長浜地区では、元祖長浜家のラーメンは有名で、多くの人が1回は店に足を運んだことがあるのではないでしょうか。

好きな人は毎日でも食べたい。
口に合わない人は1度でいい、ハッキリと好き嫌いがありますから、1度でいいから元祖長浜家へ行ってみてください。

新しいラーメンの味を発見できるかも知れません。
好きな人は本当に病みつきになります。

博多荘(福岡市博多区)、ワンタン麺発祥の名店。

地下鉄中洲川端駅より徒歩5分くらい。
九州最大の繁華街、男性が大好きな中洲にある博多荘さんです。
中洲のメインストリート「中洲大通り」沿い、警察24時でちょいちょい出てくるあの「中洲交番」の近くにあります。

キラキラとネオンが眩しすぎてあまり立ち寄らない場所なのですが、たまたま飛び込みでこちらの博多荘に入りました。
その日は中洲まつりという中洲のママさん方がお神輿を担ぐ中洲では有名なお祭りの日で中洲はいつもより盛り上がっていて店内にもお客さんがたくさんいましたが待たされることなく入店できました。

中洲のラーメン屋さんは酔っ払いが食べるところでたいして美味しくないのに高い、という勝手なイメージがありましたが、博多荘は美味しかったです!
びっくりしました。
ごめんなさい!

なんとこちらの博多荘、老舗でワンタン麺発祥の地とのこと(諸説あり)たまたま飛び込んだお店でしたが恐れ入りました。
わたしたちはラーメン(600円)と餃子(400円)、炒飯(700円)をオーダーしました。
昔懐かしい感じの正統派とんこつラーメンで、具材はネギとチャーシューでした。
これは中洲のシメに食べたくなるラーメンだと思いました。

営業時間は深夜3時まで、博多荘はお父さん方に是非おすすめしたいお店です。

店名:博多荘
住所:福岡県福岡市博多区中洲4-3-16
電話:092-291-3818