博多元気一杯、福岡市博多区にあるスープへのこだわりの強いラーメン店!

店名:博多元気一杯
住所:〒812-0034 福岡県福岡市博多区下呉服町4丁目31
電話:090-4362-4311

博多元気一杯は福岡の人気ラーメン屋さんの一つで、その日のスープが提供できるレベルに無ければ営業しないようなこだわりの強いお店です。

お店の営業は、店前のバケツで判断するという変わったお店で、のれんも無いため営業しているかも一見さんには難しいお店です。
その分、博多元気一杯で提供しているラーメンの味は最高です。

特に、スープはしっかり煮込んだ味をしていますが、口当たりは非常にまろやかです。
時々、骨が溶けたようなざらざらとした感じを受けますが、それもまた煮込んだ経過を感じ取らせてくれる味となっています。

博多元気一杯では、基本的には私語は厳禁で、スマホもダメです。
さらに、席に置いてある高菜をラーメンが来る前に頂くのダメという徹底されたルールとなっております。

それだけ、ラーメンにたいして集中して食べて欲しいということでしょうが、博多元気一杯のこだわりを感じます。

ラーメンは、まずはスープからいただき、次に麺をいただきます。
そして、一杯目を食べ終わったあとに、替え玉をし、高菜を入れて食べるのが私のおすすめしたい食べ方となっているお店です。

博多 めんちゃんこ亭、福岡県早良区が本店のおすすめのラーメン店

店名:博多 めんちゃんこ亭
住所:〒814-0006 福岡市早良区百道2丁目8-1
電話:092‐844‐3992

私がおすすめする飲食店は、福岡県早良区に本店がある、博多めんちゃんこ亭です。
私が、福岡に引っ越す前までは知りませんでした。

福岡といえば、グルメの宝庫で博多ラーメンやもつ鍋、一口餃子などが定番ですが、私がおすすめする博多めんちゃんこ亭は、福岡のグルメを1つにまとめたようなお店です。
メニューも豊富でめんちゃんこから1品料理まで品数が沢山あります。

博多めんちゃんこ亭の私のおすすめメニューは、元祖めんちゃんこです。
560円とお財布にも優しい値段になっています。

1人前の鍋の中に、お野菜、おもち、厚揚げ、麺がはいっていて、なかなかのボリュームがあります。
寒い冬場には、チゲ味噌めんちゃんこ640円もおすすめです!!

チゲ味噌めんちゃんこは、辛さも選べて、普通・中辛0円、大辛60円、鬼辛100円とその日の気分で辛さを選ぶことができます。

元祖めんちゃんこも、チゲ味噌めんちゃんこも、とてもボリュームがあり、そんな沢山食べれない女性の方には、元祖めんちゃんこ小420円、チゲ味噌めんちゃんこ500円と大きさも、選ぶことができるので、そんなに食べれない時はとても助かっています。

博多めんちゃんこ亭は、ランチで使ったり、居酒屋として、色々なシチュエーションで使えるので、子供から大人まで楽しめるお店だと思います。
接客も、地元の主婦の方や大学生が多く、アットホームな感じで、活気がある印象でした。

甘太郎、千葉大生に人気のジャンボチキンカツのお店

店名: お食事処 甘太郎
住所: 千葉県千葉市稲毛区緑町1-16-15
電話: 043-242-4102

甘太郎は、千葉大学からほど近い場所にお店があります。
店主はだいぶご老人ですが、いつもあたたかく迎え入れてくれます。

千葉大生は甘太郎の定食を食べて育ったと言っても過言ではないぐらい、千葉大生にとっては有名なお店です。

甘太郎のウリは豊富なメニューとボリュームです。
値段も決して高くありません。

例えば味噌カツロース定食650円、鶏の竜田揚げ定食650円など定番メニューでもお手頃です。
女性陣は大体この価格帯のメニューで十分満足できます。

そして男性陣の心を掴んで離さないのがジャンボチキンカツです。
こちら通常のジャンボチキンカツ定食800円は大きなチキンカツが2枚付いてきます。

1枚ではありません、2枚です。

正直、学生のような若さが無いとこのメニューは食べきれないと思います。
それぐらいボリューミーなのですが、さらにそれを上回るメニューがあります。

それがトリプルジャンボチキンカツです。

お値段は1100円ほどしますが、これ一食で次の日のお昼ご飯まで何もいらないほどの満腹感を得ることができます。

甘太郎は味も文句なしで美味しいです。
学生ならではの定食屋さんですが、甘太郎は大人になっても訪れたい雰囲気を醸し出す、良い定食屋さんです。

福岡で外国気分を味わいたいなら!ハードロックカフェ福岡がおすすめ!

世界的に有名なハードロックカフェの福岡店です。
以前は、博多駅からかなり離れた場所にあったのでなかなか行くことができなかったのですが、最近になって博多駅からすぐの場所へ移転オープンしました。

いつ行っても店内にはハードロックが流れており、外国人のお客さんも多数いらっしゃいます。
行くだけで、海外旅行気分を味わえてしまうという点が気に入っています。

ハードロックカフェのお値段は正直安くはありませんが、どのメニューも味は抜群です。
しかもどの料理もアメリカンなビッグサイズなので、一つ注文すれば満腹になります。

ハードロックカフェおすすめは、「ツイスト&シャウト シェイク」です。
ラムベースのかなり甘いカクテルの上にのっかっているのは、なんとカリカリベーコンなんです。

キャラメルやチョコレート、ホイップクリームの甘さと、このカリカリベーコンの塩気のバランスが絶妙で、何杯でも飲みたくなってしまいます。

スタッフさんはみんなおしゃれで、まさにハードロックカフェにぴったりな個性的な方ばかりです。
接客は丁寧で、好感が持てますよ。

店名:ハードロックカフェ 福岡
住所:〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8JRJP博多ビル12F
電話:092-433-2975

博多で本当に美味しい魚を食べたいなら『博多せいもん払い』

福岡県には美味しいグルメがわんさかあるということで、全国的にも有名ですよね。
福岡に出張にくるサラリーマンは、「美味しいものを食べられる!」ということで皆さんテンションが上がるのだとか。

そんな福岡で本当に美味しい魚料理を食べたいのであれば、この『博多せいもん払い』へ行ってみてください。
博多の台所とも呼ばれている、「中洲川端商店街」の中にこの名店は鎮座しています。

博多せいもん払いは、どの魚料理もとても美味しいのですが、中でも私がほっぺたが落ちそうになったのが「あんこうの唐揚げ」です。
お値段は確か2,000円前後だったと思います。

また、お刺身も最高でした。
色々と注文していると案外良いお値段になってしまうお店なのですが、お値段以上の満足感を得られること間違いなしのお店です。

博多せいもん払いスタッフさんの接客もとても良く、若いお兄さんもキビキビと真剣にがんばっています。
時価のお料理などもありますので、あまり恐れずにスタッフさんに確認してみてくださいね。

博多せいもん払いは、博多っ子の威勢の良さと、料理人の誠意や情熱が感じられる、印象深いお店でした。

店名:博多せいもん払い
住所:〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町5-107
電話:092-281-5700

大阪府池田市にあるリーズナブルで本格的な鳥料理が味わえるキカンタロー石橋店

店名:キカンタロー 石橋店
住所:大阪府池田市石橋1-8-10ステーションプラザビル2F
電話:0725-763-5152

会社の同僚と夕食に伺いました。

キカンタローの場所は、阪急宝塚線の石橋阪大前駅西口から徒歩5分くらいの場所にあります。
石橋阪大前駅は、あまり大きな駅ではないのですが、土曜日の夜と言う事もあり、学生やサラリーマン風の人で活気がありました。

キカンタロー店内はそれ程大きい訳ではなく、4人掛けのテーブルが6~7席のこじんまりとしたお店です。

オーダーしたのは、90分の飲み放題と焼き鳥を中心に串メニューを中心にオーダーしました。

キカンタローで絶品なのは、宮崎地鶏の炭火焼で、ジュシーで旨味が凝縮されていながら、炭火の香ばしさと柚子胡椒が凄く合っていて本当に美味しかったです。

また、セセリやトロ、つくねチーズなどのメニューもオススメです。
特にセセリは抜群の柔らかさとタレとの相性が抜群でした。

この他にも、刺身の盛り合わせや唐揚げなどもオーダーして、一人当たり3000円と凄くリーズナブルでした。
また、飲み放題メニューのビールの銘柄がアサヒビールのスーパーだった事も嬉しい点でした。

キカンタローは、手軽に本格的な鳥料理を味わえる良心的なお店です。
価格もリーズナブルなので、学生にもオススメできる1店です。

福岡市内で安く飲みたいなら!餃子屋 弐ノ弐 警固店がおすすめ!

弐ノ弐は、福岡市内に古くからある餃子屋さんです。
焼き餃子、水餃子、スープ餃子など、どの餃子も最高に美味しいですよ。

弐ノ弐は庶民的な雰囲気の居酒屋さんという感じなんですが、料理のクオリティーがどれをとっても高いんです。

もちろん一番おすすめなのは餃子(特に焼き餃子)ですが、弐ノ弐はサイドメニューも美味しいものが揃っています。

個人的に毎回注文してしまうほどハマっているのが、「激辛麻辣担々麺」と「ニンニクの芽炒め」です。

担々麺は、ほんっとうに辛いんですが、辛さの後からじんわりとした旨味がやってきて素晴らしいバランスです。

弐ノ弐のお店はかなり賑やかな雰囲気なので、喋るときは声を張らなければいけません。

スタッフさんはキビキビ動いていて、とっても元気が良いというイメージです。

また、特筆すべきはの安さです。
大満足するくらい飲んで食べても、お会計がひとり3,000円いかないこともしばしばです。

ちなみに弐ノ弐で一番コスパが良いのが、「パリパリ焼餃子」250円だと思います。
一皿に7個も入ってこの値段なので、最高です。

店名:餃子屋 弐ノ弐 警固店
住所:〒810-0023 福岡市中央区警固2-11-15 内野第三警固ビル1F
電話:092-716-4022