はなまるうどん長久手城屋敷店、吉野家の優待券でただ飯のススメ!

丸亀製麺や横井製麺所など、麺類のお店は多いです。
その中で、はなまるうどんを選ぶのは、ズバリ”吉野家の優待券が使える”から。

吉野家は、牛丼が有名な店舗。女性1人で入るのに躊躇するなら、うどんが売っているはなまるうどんはいかがでしょうか?

私が行った日も、女性一人の社会人、高齢者がいて、はなまるうどんは牛丼チェーン店よりも男性率が低めです。

注文したのは温玉ぶっかけで、暑い日だったので冷たいの。
そして、テイクアウトで天ぷらを数種類。

価格が900円台になったので、優待券300円×3枚を使って端数のみ支払いました。

天ぷらは、その日の夜のごはんのおかずにする目的で。
サイドメニューとして、おにぎりやいなり寿司、おでんまであって、テイクアウトをして1食っていうのもアリだと感じました。

温玉ぶっかけのみだと290円なので、300円の優待券は使えません。
使えたとしてもおつりが出ません。

その点、天ぷらを注文することで、上手に優待券を使えて、夕食の手間も必要なし~。

家族で行って優待券を使ってもいいし、吉野家の株主優待は利用価値があるんです。
はなまるうどんで、ボーナス前のタダ飯に使って、家計の圧迫感もゼロです。

店名:はなまるうどん 長久手城屋敷店
住所:愛知県長久手市城屋敷1218.
電話:0561-64-0870

にしきうどん本店、北九州にある、ごぼう天うどんが人気の店

福岡のソウルフードがごぼうてんうどんです。
福岡ではごぼてんうどんと呼ばれ、一番人気のうどんのトッピングがごぼうの天ぷらです。

見せによって切り方が違うので味わいは別々ですが、にしきうどん本店は笹垣にしたごぼうを天ぷらにしています。
かやくうどんを頼むと、一通りの具材が全部乗った状態で来るのも嬉しいところ、いっぱいあたりかけうどんが500円なのでお手頃価格なのも嬉しいところです。

福岡県外ではごぼてんうどんはあまり、見かけられませんので、福岡県民が一番福岡が恋しくなる食べ物が、このごぼてんうどんだといわれています。
ごぼうの持つ独特の風味が、カツオ昆布氏炒めなどでだしを取ったうどんのつゆに、ぴったりとマッチングします。

中には一度かつおだしで煮たごぼうを天ぷらにするお店や、一本一本が長いとか、そのままごぼうを輪切りにしたお店など、バリエーションは豊富です。
歯ごたえもサクサクした、にしきうどん本店のような店から、歯ごたえを重視して大きめにざく切りしたお店など、多種多様に変化しています。

にしきうどん本店は、うどんが手打ちで歯ごたえもあるので、どっしりとしただしとがっぷり四つの味わいがあります。

店名:にしきうどん本店
住所:福岡県北九州市小倉北区中井3-1-16
電話:093-571-4367

ウエスト天神北店で博多のうろんとかしわご飯を食らう!

店名:WEST(ウエスト) 天神北店
住所:福岡県福岡市中央区天神3丁目1-12西井ビル1F
電話:092- 738-0687

天神の中心を跨ぐ渡辺通り沿い、天神北交差点近くにあるウエスト 天神北店。
西鉄福岡駅、地下鉄天神駅共に徒歩圏内、西鉄バス停天神北からは徒歩1分もかかりません。
駐車場なしの店舗ですが、近隣にパーキングはたくさんあります。

福岡でウエストといえば知らない人はいない、地元密着型のお店で、個人的には博多うどんの2大巨頭(もう一つは牧のうどん)だと思っています。
うどん、そばの種類はそれぞれ20種類あり、豊富なラインナップです。
その他釜玉やぶっかけ、定食、丼物セットメニュー、サイドメニューのかしわご飯やおでんなどとにかくメニューが豊富でどれもおいしそうです。

博多のうどんは讃岐うどんの対極にあり、麺がやわやわです。
コシなんて全くありませんがそれが博多のうどん。
とっても美味しいんです。

博多のうどんといえばごぼ天うどん。
ごぼうの天ぷらをトッピングしたうどんです。
博多ですうどんを食べるなら是非ごぼ天うどんをおすすめします。

それから博多のうどん屋さんに必ずある「かしわご飯」は必須です。
うどんが来るまでの間、おでんをつつくのもまたウエストでの楽しみです。

卓上に常備されている天かすとネギは入れ放題。
かけうどん、そば(なんと280円!)をオーダーして天かすとねぎをインするのも良しです。

水曜日はウエストの日で地元の明太子の企業「やまや」さんとのコラボ商品など水曜限定メニューがあり、おすすめです。
博多で愛されているウエストはコスパ最強の博多うどんです。
観光客の方に博多のソウルフードを楽しんでいただけたらこれ幸いです。

福岡市博多区、ミシュランも認めた「葉隠れうどん」。

福岡といえば、ラーメン、もつ鍋、、明太子と思われがちです。
県外の友人など大体の方はそのよう言います。
しかし福岡県民に言わせれば、ラーメンよりうどんを食べる頻度が圧倒的に高く、また福岡県はうどん発祥の地ともいわれています。
現在はうどん居酒屋など、うどん屋の出店が加速しています。
またテレビで放映された影響か、コシのない博多うどんが全国区でも有名になってきています。

数多くのうどん店がある中でも、私が愛して止まないのが福岡市博多区にある「葉隠うどん」。
ここはミシュランガイドのビブグルマンを獲得したことがあるお店です。

「葉隠うどん」があるのは、博多駅から徒歩10分くらいのところ。
大通りから一本入り、周辺はマンションが立ち並び、比較的静かな場所にあります。

来店時間ですが、基本的にどの時間でも満席です。
チャンスはランチ前の11時くらいと、夕食前の17時くらいでしょうか。
それ以外は平日休日問わずほぼ満席となります。

葉隠うどん店内は、カウンターが10席程度。
4名座れる座敷が2席となります。
私はいつも一人で来店しカウンターに座ります。
来店時に必ず注文するのが「山かけ天うどん」と「かしわごはん」です。
かしわごばんは人気で、すぐ完売となりますのでご注意ください。

個人的に山かけうどんを注文しますが、ごぼう天や鍋焼きうどんも人気です。
葉隠うどんは何と言っても、スープと麺が美味しいので、どれを頼んでも当然ながらおいしいです。
とくに麺は、ただ柔らかいうどんならそれなりにあるのですが、葉隠うどんの麺は喉越しがとてもいいです。
葉隠うどん独特の柔らかい面を、スルスルと飲み込んで胃へ吸い込まれる感覚はこれまでにないものです。

さすがミシュランも認めた実力店。
一度食べると虜になります。

店名:葉隠うどん
住所:福岡県福岡市博多区博多駅南2-3-32
電話:092-431-3889

福岡県福岡市東区新宮町、佐賀県発祥の「井手ちゃんぽん新宮店」。

井手ちゃんぽんは、佐賀県発祥のちゃんぽんチェーン店で、長崎ちゃんぽんと違い魚介類が入っておらず、野菜と少量の肉のみのちゃんぽんなので、野菜の旨味や甘味がスープに染み出ています。
またスープは、長崎ちゃんぽんに比べて濃い豚骨スープになっています。

そしてどこから手をつけていいか分からないほど野菜が山盛りに載って運ばれてきます。
井手ちゃんぽん一杯のうち、6割ほどが野菜です。

大量の野菜と濃い豚骨スープが麺に絡まってとても食べごたえのあるちゃんぽんです。
普通のちゃんぽんの価格は700円ですが、井手ちゃんぽんでは、野菜大盛や麺大盛など自分好みのものを注文できます。

また「特製ちゃんぽん」というのがあり、生卵と大量のキクラゲが入ったちゃんぽんがあります。
野菜のシャキシャキ感とキクラゲの歯応えが相性抜群です。
卵を崩すと少しまろやかで甘いスープになり、これもまた麺に絡まって普通のちゃんぽんと違う味わいになります。

井手ちゃんぽんの接客対応は明るくにこやかで威勢の良い声が店内に響いており、気持ち良く食事することができます。
ちゃんぽんがお皿いっぱいに入ってくるので、店員によってはスープに指が入っていることがあり、少し気になります。

店名:井手ちゃんぽん 新宮店
住所:福岡県糟屋郡新宮町原上1398-1
電話:092-963-0189

鹿児島名物、「そば茶屋吹上庵」の冷やしごまだれうどん。

鹿児島市にある、そば茶屋吹上庵では、鹿児島では意外なそばの有名店です。
土日ともなれば、お店の外には待つ人がたくさんいます。

といっても、吹上庵の店内は広く、座席数も多いので長く待つことは少ないです。
席もテーブル席やお座敷まである為、人数が多くてもひとつのテーブルに座る事ができます。
吹上庵の従業員の方も席への案内、メニュー、配膳とテキパキされているので丁寧な接客と感じました。

そば茶屋吹上庵のおすすめメニューは、冷やしごまだれうどんです。
そば茶屋というお店なのに、うどんが人気なんです。

冷たいうどんの上には錦糸卵、豚肉、ワカメなど色とりどり乗っていてごまだれをかけていただきます。
甘めのごまだれと喉ごしの良いうどんとの相性が抜群です。
暑い夏には特におすすめです。

そして、もうひとつ吹上庵でおすすめなのがたまご焼き。
これも意外や意外なメニューですが、地元の人はみんなでシェアして食べています。
大きなたまご焼きは出来立て熱々でテーブルに運ばれます。
そして、甘めの砂糖と出汁の味が効いていて美味しいです。

そば茶屋吹上庵は、観光客の方はほとんどおらず、地元の人しか知らない名店なので是非行く価値あります。

店名:そば茶屋 吹上庵
住所:鹿児島県鹿児島市与次郎1丁目12番
電話:099-252-3331

福岡市西区、野菜てんこ盛りの「井手ちゃんぽん」。

井手ちゃんぽんは、佐賀県武雄市に本店を構えるちゃんぽん店です。
名物はなんといってもちゃんぽんです。
初めて食べる方は、井手ちゃんぽんの野菜の量に驚きます。

麺の上に山盛りの野菜が乗っています。
野菜はキャベツ、かまぼこ、青ネギ、もやしなどたくさん入っているので野菜不足の方にもおすすめです。
ただ、量が多く食べきれるか自信のない方は小ちゃんぽんもあるので安心してください。

井手ちゃんぽんのスープは、とんこつベースなのでどちらかというとガッツリ系ではありますが、野菜が多いので意外と完食できます。
麺もやや細めで食べやすく女性の方でも完食している人が多いです。

井手ちゃんぽん店内は、カウンター、テーブル席や座敷も完備されておりとにかく店員さんの元気が良いです。
お昼時は並ぶことが多いので、並ぶのが苦手な方は開店もしくはお昼どきをずらしていくことをおすすめします。

メニューには、ちゃんぽんと特製ちゃんぽんがあり特製になるときくらげと生卵が入るのが特徴です。
男性はこれを食べている方が多かったです。
一度食べると、また行きたくなるちゃんぽん店です。

ただし、水曜が定休日なので間違えのないように来店してください。

店名:井手ちゃんぽん
住所:福岡県福岡市西区小戸3-51-4
電話:092-834-9341