福岡市中央区、「串かつ千寿」で大阪の味を楽しむ。

大阪・新世界でお馴染みの有名店「八重勝」から独立した大将が構える串かつ千寿。
渡辺通、薬院の駅からもアクセスが良く、店も分かりやすいです。
串かつ千寿は、通りから見る印象よりも店は奥に広く、個室もあるのが嬉しいですね。

12品2500円からリーズナブルなコースで串かつを味わえるのに加え、メニュー一つ一つがとても魅力的です。
定番のメニューから、変わり種のもちチーズベーコンや、とりかつ南蛮など、色んな種類を少しずつ食べたくなってしまいます。

串かつ千寿おすすめは、新世界名物のどて焼きを楽しみつつ、旬の野菜などを揚げた串かつメニューを食べられるコースを頼み、単品で気になるメニューを頼むこと。
デザート串などもあり、チョコバナナ串やバームクーヘン串など、挑戦してみるのもいいかもしれません。

油がいいのかさっぱりしているので、胃がもたれず、リーズナブルに沢山串かつを楽しむことが出来ます。
店内は明るく、串かつ屋さんというよりは綺麗な小料理屋といったところ。

会社での少人数の飲み会や、女子会などに利用されている方も多いようです。
大阪の味を求めて店を訪ねるのもいいかもしれません。
ちなみに、串かつ千寿では、二度づけは禁止されていませんのでご安心を。

店名:串かつ千寿(せんす)
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通2-9-11 ONOHARAビル1F
電話:092-711-1194

福岡市中央区警固、熟成肉がとろける!「とんかつ ふく村」。

数年前からよく耳にする熟成肉。
その熟成肉のとんかつを食べられるお店が福岡県福岡市中央区警固にあります「とんかつ ふく村」です。
まだオープンして1年くらいですがお昼時は毎日行列ができています。

ふく村の店内は、とてもおしゃれなカフェ風な内装で、店員さん達もイケメン揃いです。
しかしそんな見掛け倒しな店ではなく、こだわりのとんかつを提供してくれます。

ふく村のメニューはシンプル。
ロースカツかヒレカツか。
どちらかお好きな方を選びます。
ロースカツ(120g)で1,250円、ヒレカツ(90g)で1,400円です。
その他グレードが少し高いメニューで特上ロースと(170g)1,850円とヒレ(160g)2,240円があります。

まずは、ふく村では基本のロースカツ、もしくはヒレカツをいただきましょう。
複数人で行くのであれば、それぞれ別のメニューを頼んでシェアするのもありですね。

ふく村では、とんかつと一緒に、ライスとキャベツと味噌汁とお漬物がついてきます。
とても気さくで話しやすいイケメン店員さんが運んでくるとんかつ。
真っ白のとんかつです。

とんかつに使用している豚肉は、九州のブランド豚を1頭分仕入れ、ふく村の熟成庫にて30日間ドライエイジングしているとのことです。
そうすることによってほどよく水分が抜け、旨味が凝縮されるんだそうです。

衣もお肉も真っ白です。
衣の白さはお店独自で作っている生パン粉を使用しているからだそうです。
思わず写真を撮りたくなる美しいとんかつです。

早速いただくのですが、ふく村はとんかつ屋なのになんとソースが用意されていないんです。
こちらのとんかつ、基本は塩でいただきます。
塩をほんのすこしだけ付けて口に入れた瞬間、豚の脂が溶け出して口中に旨味と甘みが広がります。

肝心のお肉はとても柔らかく、ジューシー。
この柔らかさは、丁寧に熟成してあるからなのでしょうね。

ふく村では、塩の他に大根おろしも用意されています。
とんかつの上に大根おろしを乗せ、特製のポン酢をかけていただきます。
こちらはさっぱりとしていて食が進みます。
ポン酢だけでもお土産に販売していただきたいくらいです。

そして味噌汁と漬物にも力を入れていて、ふく村こだわりの手作りです。
漬物はとても優しい味でいいお口直しになります。

またフリーのWi-Fiと各テーブルには電源が用意されているのでお客さんが少ない日にはゆっくり仕事をしながらお食事が楽しめます。
いつもとは違ったとんかつを食べたいという方は一度足を運んでみてはいかがでしょう。

店名:とんかつ ふく村
住所:福岡県福岡市中央区警固2丁目11-10 〒810-0023 高橋 ビル 1F
電話:092-791-8401

アツアツ天ぷらが次から次へと!福岡市博多区、「天ぷら ひらお」。

福岡へ出張に来たら楽しみなのが、数多くある美味しい料理ですよね。
お時間があればぜひともこのお店に足を運んでみてください。
福岡空港すぐ近くにあります「天ぷら ひらお 本店」。

天ぷらというと福岡県外の方は値が張るというイメージをお持ちかもしれません。
ひらお本店は違います。
定食メニューすべてが1,000円以下。

中でも、ひらお本店おすすめはあじわい定食(770円)です。
えび・鶏もも・白身・いか・野菜3品とライスと味噌汁という内容。
ひらお本店では、注文するとすぐにライスと味噌汁と空の金属トレイが運ばれます。

トレイについては後述するとしてまずはライスを楽しみます。
ライスで何を楽しむかというとカウンターに並べられた惣菜類。
大根と鶏肉の煮物やもやしのナムル風な和え物などがあります。

その中に「天ぷら ひらお」を有名たらしめているのがいかの塩辛です。
この塩辛がとてつもない飯泥棒。
メインである天ぷらが来る前に、確実にお茶碗は空になります。
ライスは追加注文できるのでご安心を。

さて、肝心の天ぷらですが、盛り合わせという形で天ぷらが出てくるのではなく、目の前で天ぷらを揚げてもらい揚げたてをそのままあらかじめ運ばれたトレイに置いてもらえます。
ひらお本店の店員さんの手際のよさは素晴らしいですよ。

天ぷらは揚げたても揚げたてなのでやけどにはご注意ください。
えびは大きくプリプリ。
鶏ももの天ぷらはジューシーで旨味たっぷり。

白身はメヒカリという小魚が運ばれるのですがフワフワで美味。
いかはとても大きいのでいかのてんぷらそのものを皿に見立てて大根おろしやご飯を乗せてそのまま食べるのがおすすめです。
野菜3品に芋が含まれていますが鹿児島の安納芋を使用しており、ホクホク、甘々で幸せです。

まだまだ食べられるという方は、背中の自販機で食券の追加購入ができるのでお好きな食材をお選びください。
塩辛はお土産用に購入もできるのでぜひご家庭でもお楽しみください。

店名:天ぷら ひらお 本店
住所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-1
電話:092-611-1666