ローンにはいろんな種類があるので、用途に合った見極めが必要!

住宅ローンシュミレーションと諸費用

住宅購入に必要な諸手続きの費用も含めて、住宅ローンのシュミレーションが可能なところもあります。
住宅ローンと言われると真っ先に連想するのが月々の返済金額であり、諸経費まで含めてシュミレーションをするという人は多くないといいます。
返済額や金利にとらわれて、住宅を購入する時に必要な諸費用については忘れがちになるので、一度確認することをおすすめします。
諸費用といっても、住宅ローンで借りる元々の金額が大きいので、諸費用もあわせると結構大きな金額になるので、注意が必要です。
シュミレーションをあらかじめしておくことで、金額にびっくりせずに済むようになるでしょう。
住宅購入の際に必要な諸費用というと、予想以上にいろいろな費用が掛かります。
融資手数料、住宅ローン保証料、登記手数料、所得税などは必ず費用として必要です。
引っ越しにもお金はかかりますし、火災保険や水道加入金も発生します。
火災保険も新たに加入しなければ、新しい家には住めません。
保険については、初めて住宅ローンに加入するという人の場合、やってみるまでピンとこないかもしれません。
住宅ローンを借り入れた人が万が一事故などによって収入が無くなり、返済できないといった場合に備えて必要になるものです。
住宅ローンを組む時に、頭金をいくらか用意する人がほとんどだと思います。
土地や住宅の費用以外にも諸費用が必要になってくるでしょう。
事前にシミュレーションを行い、住宅ローンを組む時には最初にいくらのお金がかかり、それ以降は月々どのくらいの出費になるかを把握しておかなければ、いざ返済という段階になった時に困ってしまいます。
住宅ローンは決して小さな金額では無いので、シュミレーションをしっかり行って、計画的に返済できるように、事前に準備しておくようにしましょう。

347

バイクローンを利用する時の注意点

バイクローンを利用する際は、無理のない範囲で計画性のある借り方をしましょう。
欲しいバイクを手に入れたいからと、家計に影響するような出費をしてはいないでしょうか。
返済が無理なく続けられる範囲の金額はどの程度なのでしょう。
どのくらいの返済総額になるかも見極めて、ローンを組むかどうかを考えましょう。
バイクは決して安い買い物ではありませんので、現金一括払いができればいいのですがなかなか難しいといえます。
具体的な金額で試算をするためにも、返済シミュレーションが手軽にできるホームページも近頃増えていますから利用しましょう。
バイクローンは金融会社によって利用限度額、金利、返済回数などはまちまちです。
どのローンがいいかを検討するためには、実際に支払金額を計算してみる必要があります。
中古バイクをローンで買うというときに必要なのは、計算をローン以外の出費に関してもしておくことです。
せっかく中古車を購入したけれど修理費や部品代など、思わぬ費用が必要なことも、調子が悪くなればあるでしょう。
何かの時に備えて、保証が半年から一年くらいついているバイクを選択するのもおすすめだとえるでしょう。
バイクの所有権は、ローンをすべて返すまでローン会社や販売店側にあることにも気を付けましょう。
ローンを完済しないうちにバイクを買いかえるには、所有権解除の手続きをする必要があります。

348

マイルが貯まるクレジットカード

利用するたびにマイルを得ることのできるクレジットカードをお使いの方もいらっしゃると思います。
「マイル」とは、航空会社各社が提供しているポイント制度のことで、マイレージとも呼ばれます。
このサービスではマイルと呼ばれる点数がたまっていくわけです。
クレジットカードのポイントというと、通常は1ポイント、2ポイントというものをマイルの場合は、1マイル、2マイルと呼びます。
このマイルですが、航空会社の制度ですので、飛行機に乗ることで貯まっていきます。
その他にも、提携クレジットカードを利用することによってもたまる場合があるのです。
マイルをためると、さまざまな特典を得ることができます。
例えば、飛行機のチケットを往復分無料でもらえたりするようなものです。
マイルをたくさん貯めるためにクレジットカードを使って買い物をするのは、その他にも、ためたマイル数に応じて商品券やプレゼントなどが手に入ったりするからです。
飛行機を使った移動を良くするような人であれば、マイルはどんどん貯まるでしょう。
しかし、それほど頻繁に飛行機を利用する人は稀です。
そういう場合は、マイルのうち、提携するクレジットカードがあるものを選ぶようにしましょう。
クレジットカードと提携しているものは、支払いの際にクレジットカードを利用する度にポイントにあわせたマイル数を貯める事ができます。
クレジットカードを使ったぶんだけマイルが貯まっていくことになります。
あまり飛行機を利用できない人の場合、マイルをためるにはクレジットカードで支払いをすればいいわけです。

349

事業資金融資の注意点

事業資金を融資してもらいたい場合、まずは公的融資などが利用できないか確認してみることが基本になります。
日本には事業者向けにさまざまな公的融資があり、低金利で事業資金を融資してもらうことも可能です。
低金利で融資が受けられる反面、公的融資は手続きや審査が長くなりがちなので、早く資金を得たい人には向いていません。
公的融資では、新規開店時の資金を融資するものが多いようです。
事業が進んでいる時には、公的融資を使うことができないということもあるようです。
事業資金を必要としている会社があるという時は、今までの決算書を公的機関に提出することが求められます。
経営が厳しく、すでにかなりの負債を抱えているような会社は、事業資金の融資は断られることもあります。
何らかの担保を用意しなければならない場合もあります。
事業資金の場合には、審査の際には代表者の個人としての債務状況などもチェックされます。
事業資金をノンバンク系の金融会社から融資してもらう場合には、長くても2~3日程度というのがほとんどのようです。
近年では、審査が一時間程度で終わってしまうという金融会社もあります。
銀行系の金融会社よりも申込み時の書類が少ないため、簡単に手続きを終わらせられるという利点があります。
ノンバンク系の事業資金融資では、借入金額に限界があり、高金利になりがちなため、よい条件とは言えません。
事業資金の融資を受ける際には金利や融資条件を事前に確認しておくことをおすすめします。

350

融資を受ける場合には確実な返済を考える

思いがけない出費があるなどでお金が必要になった時は、確実な融資を使いたいと思います。
けれども、軽い気持ちで融資を受けすぎると、返済が難しくなって延滞や返済不能に陥ってしまいます。
今すぐにお金が必要だからといって計画も立てずに勢いで融資を受けてしまうと、危険です。
借金をした以上、利息をつけて全額返済をするのは大原則です。
確実な返済計画を立てることが重要です。
お金はただで借りることはできません。
キャッシングを利用する以上は、金利に基づく利息を払うことになります。
これは必須です。
利息にはキャッシングサービスの金利はもちろん、借りた金額、サービスを利用している期間も関わってきます。
毎月いくらの支払いをするか、利息がいくらかなどを確認しておかなければ、返済が滞る可能性もあるでしょう。
借りたお金を返済することは可能なのか、家計と相談しながら計画を立てた上で、融資を受けるようにしましょう。
融資を受けた際の返済方法には一括払いと分割払いがあります。懐事情が豊かで、一括払いに支障がないのであればいいですが、分割払いで少しずつ返済していく予定ならば、確実に返済できる範囲の融資を受けるようにしましょう。
口座から引き落とすように設定しておくことで、手払いでの返済よりも確実にお金を返し続けることができるでしょう。
融資を受ける場合には確実に返済ができる方法までしっかりと検討することが重要だといえるでしょう。

351

インターネットでキャッシングする時

お金は必要だけど、わざわざ店舗まで行く時間がない時もありますよね。
キャッシングを利用する時に、申込みから返済までをインターネットで行うという方法があるようです。
いわゆる、ネット完結方式です。
かつては、キャッシングといえば無人契約機を利用したり、店舗窓口まで行かなければ申込みができないことが多かったようです。
最近はインターネットでも借り入れをする事ができるのです。
インターネットを利用したキャッシングの便利な所は、わざわざ出向かなくていいということです。
休日や時間外でも、インターネットからであればいつでも申込み手続きをすることができます。
申し込み時の審査も、あまり時間がかからないという事も大きなメリットです。
インターネットキャッシングであれば、夜の遅い時間になってから融資を受けたいと思っても、その時に手続きができて融資もすぐに受けられます。
審査に時間がかからない金融会社の場合、ものの数分で結果が出てきます。
さすがに夜中に申し込みをした場合には、多少の時間が必要になるかも知れませんが、それでも申し込んだ当日に借り入れできる事がほとんどです。
インターネットによるキャッシングは、スピーディで便利なサービスといえます。
予期せぬことが起きて、現金が入り用になることもあるでしょう。
インターネットのキャッシングはとても便利なものなので、覚えておいて損はないでしょう。

352

安心して借りられるキャッシング会社

お金は必要だけど、やぱっり怖いという人がいます。
安心して借りられるキャッシング会社についてです。
いかに信頼できる業者かというのがポイントになります。
いざというときにキャッシングを利用しようと思う人もいるようです。
特に、今日明日中に急に必要!という場合です。
キャッシングすることに不安を感じる人も多いのではないでしょうか。
思いがけないタイミングでイベントが起きて、今すぐお金がいるという事もあるでしょう。
安心してキャッシングを使いたいという時は、有名どころの会社を使いましょう。
知名度の高いところは信頼性も高いです。
一旦キャッシングの審査を受けておけば、以後は限度額以下であれば何回でも融資が受けられます。
今は大手都市銀行のグループ会社である銀行系のローン会社もあります。
キャッシングを初めてするという人は銀行系のローン会社を利用すると安心です。
キャシングを安心してしたい場合には注意しなければならないことがあります。
融資業務を行っている金融会社は国内にたくさんありますが、金融会社の中では非合法すれすれの融資を行っているヤミ金融が存在しています。
ヤミ金融は人の足元を見て貸付条件を決めてきます。
どんなに行き詰まっても未認可のヤミ金融は使わないように用心をしてください。
法律でキャッシングが認められた会社は、貸付可能金額の範囲内で、良心的な金利設定にしています。
利息制限法内での貸付という事ですね。
安心してキャッシングすることができるので、しっかりと調べてから金融会社を選ぶようにしましょう。
間違っても闇金などと取引しては駄目です。

こちらも参考に! → キャッシング審査スピード

353

Comments are closed.